国・自治体・協会会員等からのお知らせ

▽2018.1.17(水)

【東北PPP推進連絡協議会】『第10回新春特別講演会』のご案内

東北PPP推進連絡協議会主催、「第10回新春特別講演会」が開催されます。

下記概要をご覧頂き、是非参加ご検討ください。


趣旨

東北PPP推進連絡協議会は、2008年11月に東北専門新聞連盟、とうほくPPP・PFI協会、福島県PFI推進協会を構成メンバーとして、東北地方整備局、東北農政局、東北経済産業局、青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県、仙台市、奥州市、紫波町をオブザーバーに設立いたしました。本協議会では東北各県での「PPP/PFIフォーラム」開催、「公民連携会議」や「先進地視察」などを実施するとともに、3省局長を招き「新春特別講演会」を毎隼仙台市で開催しております。

東日本大震災から6年10ケ月が経過し、被災地の復旧・復興は確実に進捗しているものの、地威間格差が顕著となっており、更なる復興加速化が望まれるところです。国におかれては、少子高齢化、財政難、インフラ老朽化などの課題を抱える地方への多様な支援と「切れ目」のない施策の展開を図り、PPPなどの手法を駆使して地方創生の有効な成果を上げることがのぞまれます。

活力ある地域の実現には、行政の垣根を越えた広域連携(官官連携)やPPP(官民連携)が有効かつ重要なツールと言えます。東北圏広域地力F+画の見直しで、大交流時代のコンパクトネットワークによる圏域の機能強化が進められており、東北圏一体の創造的国土形成の方向性は東北の未来を占う'重要なキーワードとなります。

10回目の節目である今回は、3省出先トップに加え、記念特別講師として石川県金沢市を国際的な文化創造都市に発展させる手腕を発揮した元金沢市長の山出保氏をお招きし、官民連携によるまちづくりの先進事例をご紹介いただきます。また、講演会終了後、講師を囲み「新竿交礼会(意見交換会)」も開催いたしますので、併せてぜひご参加くださいますよう、ご案内申し上げます。


開催概要

日時
  • 2018年2月19日(月)
    ・講演会:13時00分~16時50分
    ・新年交社会:17時~19時
場所
  • ホテルメルパルク仙台(仙台市宮城野区榴岡5-6-51 / TEL022(792)8111)
    ・講演会2階「シェーナ(ソーレ・ルーナ・テラ)」
    ・新年交礼会5階「リアン」
定員 ・講演会:300名 ・新年交社会:100名(いずれも定員になり次第締切り)
内容
  • 講演
    東北圏域の自立的・持続的な成長への取り組みは-大交流時代のPPPなど官民連携の在り方を探る-
  • 講師
    ・東北経済産業局長 相楽 希美氏
    ・東北農政局長 木内 岳志氏
    ・東北地方整備局長 津田 修一氏
    ・元金沢市長 山出 保氏(現石川県中小企業団体中央会会長)
参加費
  • 講演会
    ・一般参加者:3,000円
    ・行政・議会関係者二無料
  • 新年交社会:おひとり5,000円
主催 東北PPP推進連絡協議会(東北専門新聞連盟、とうほくPPP・PFI協会)
共催(予定) (一社)東北経済連合会、城下町仙台まちづくり市民会議、仙台青葉ロータリークラブ
後援(予定) 東北地方整備局、東北農政局、東北経済産業局、青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県、仙台市、奥州市、紫波町、(一社)東北地域づくり協会、(一社)日本建設業連合会東北支部、(一社)日本道路建設業協会東北支部、東北建設業協会連合会、(一社)建設コンサルタンツ協会東北支部、設計同友会、(公社旧本建築家協会東北支部、「政宗ワールド」プロジェクト

関連資料


△ページ先頭へ

このページに「お知らせ」を掲載したい方は、コチラまでご連絡ください。