国・自治体・協会会員等からのお知らせ

▽2018.7.4(水)

【大阪府大阪市】(仮称)大阪新美術館の運営へのコンセッション方式によるPFI手法導入に関するフォーラムについて

大阪市にて、(仮称)大阪新美術館の運営へのコンセッション方式によるPFI手法導入に関するフォーラムが開催されます。

下記概要及び大阪市ホームページをご覧ください。


趣旨

大阪市は、中之島において2021年度(平成33年度)に開館する(仮称)大阪新美術館の運営について、コンセッション方式によるPFI手法導入に関するフォーラムを平成30年7月19日(木曜日)に開催します。

(仮称)大阪新美術館(以下、「新美術館」という。)につきましては、平成26年9月に策定した「新美術館整備方針」において、民間の知恵を最大限活用しながら、顧客目線を重視し利用者サービスに優れたミュージアムとすることをコンセプトの一つに掲げています。そのため、新美術館の運営につきましては、コンセッション方式によるPFI手法を導入することを検討しており、今年度中に実施方針(案)を公表する予定としております。

今回のフォーラムは、それに先駆けて、新美術館を運営する事業主体として関心と意欲をお持ちの民間事業者の皆さまに、コンセッション方式による美術館運営に対するご理解をより深めていただくために実施するものです。


開催概要

日時及び場所
  • 平成30年7月19日(木曜日) 午後1時30分から午後4時30分まで (受付開始は午後1時から)
  • 場所 国立国際美術館 地下1階講堂(大阪市北区中之島4-2-55) (受付場所等の詳細は、参加申込者あて、別途、お知らせします。)
参加対象 新美術館を運営する事業主体として、関心と意欲を有する法人とします。
定員 100名
参加費 無料

講演内容

  • 新美術館と中之島のまちづくりについて
  • 文教施設におけるPFIの最新の動向について
  • 〔基調講演〕美術館運営および展覧会企画の実際について
    冨田 章氏(東京ステーションギャラリー館長)

参加申込書



その他詳細、お申込み方法等については、大阪市ホームページまで。


△ページ先頭へ

このページに「お知らせ」を掲載したい方は、下記よりお問い合わせください。