国・自治体・協会会員等からのお知らせ

▽2018.7.26(木)

【静岡県】果樹研究センター跡地の利活用に関する提案募集

静岡県にて、「果樹研究センター跡地の利活用に関する提案募集」が実施されます。

下記概要及び静岡県ホームページをご覧ください。


募集目的

果樹研究センターの跡地(以下「対象地」という。)周辺には、世界遺産富士山の構成資産である三保松原、国宝久能山東照宮、国際旅客船拠点形成港湾の清水港など多くの地域資源があり、今後、この地域への来訪者の増加が見込まれます。

静岡県では、対象地を観光交流や賑わい創出の拠点として利活用することを検討しています。

利活用に向け、民間事業者等の皆様に利活用事業に関する提案をお聴きする対話を実施し、今後策定予定の基本計画に反映します。


実施概要

対象者 対象地における事業実施主体となる意向のある法人または法人のグループ
対話方法 参加者と個別に「対話」を実施
対話内容
  1. 事業内容(事業内容、施設等の概要、土地利用計画)
  2. 事業方式(官民の事業範囲、資金計画)
  3. 地域への効果(災害時の対応、道路整備等に関する考え方)

スケジュール等

対話期間 平成30年7月27日(金)~10月31日(水)(随時実施)
対話会場 静岡県庁内会議室
参加申込 平成30年10月19日(金)まで
申込先 静岡県知事戦略課
(E-mail:g-senryaku@pref.shizuoka.lg.jp)
現地見学 随時実施します。

対象地の概要

  • 住所:静岡市清水区駒越西2丁目
  • 面積:約7ha(飛び地含む)

※平成27年10月まで、静岡県果樹研究センター(柑橘類の試験研究用地等)として利用していました。


実施要領等



その他詳細、お申込み方法等については、静岡県ホームページまで。


△ページ先頭へ

このページに「お知らせ」を掲載したい方は、下記よりお問い合わせください。