国・自治体・協会会員等からのお知らせ

▽2018.9.12(水)

【茨城県常総市】水海道あすなろの里の有効活用に向けたサウンディング型市場調査について

茨城県常総市にて、「水海道あすなろの里の有効活用に向けたサウンディング型市場調査」が実施されます。

下記概要及び常総市ホームページをご覧ください。


サウンディングの概要

水海道あすなろの里は昭和54年に開園した常総市所有の「学童農園施設」です。都心近郊にありながら、非常に豊富な里山自然環境を活かし、子どもたちを中心とした動植物等の生態観察や農業体験ができる施設として、事業を展開してきました。

この水海道あすなろの里のポテンシャルを最大限に引き出すため、民間活力導入による施設の有効活用を検討しています。

検討にあたっては、行政内部だけで活用方法や公募条件を設定するのではなく、早い段階で活用意向・アイデアのある民間事業者と対話(=サウンディング)をすることで、市場性等を把握するため、サウンディング型市場調査を実施します。


水海道あすなろの里について

所在地 常総市大塚戸町310番地
所管部課 経済環境部農政課
開園年月日 昭和54年6月1日
施設面積 敷地面積12.1ha(うち建物面積7,297平米)
駐車場 約300台収容
年間利用者 53,922人(H29年度実績)

サウンディングスケジュール

日時 内容
平成30年9月7日 実施要領の公表
平成30年10月3日 現地見学会の開催
平成30年10月19日 調査参加申込締切・エントリーシートの提出
2018年10月31日〜11月2日 サウンディング(対話)の実施
平成30年11月下旬 サウンディング結果の概要公表

主な対話内容

  • 食と農業をテーマにした新しい食堂棟の可能性について
  • 差別化のとれたアウトドア事業の展開について
  • 効率化とリピーター確保を両立した宿泊棟運営について

など

 

実施要領



その他詳細、お申込み方法等については、常総市ホームページまで。


△ページ先頭へ

このページに「お知らせ」を掲載したい方は、下記よりお問い合わせください。