国・自治体・協会会員等からのお知らせ

▽2019.4.2

【東京都】都有地活用による魅力的な移転先整備事業について

東京都にて、「都有地活用による魅力的な移転先整備事業」が実施されます。

下記概要及び東京都ホームページをご覧ください。


背景

都は、災害に強い都市の実現に向け、防災都市づくり推進計画に基づき、老朽化した木造建築物が特に集積するなど、震災時に特に甚大な被害が想定される地域を対象に、延焼遮断帯の形成や市街地の不燃化に取り組んでいます。

これらの取組をさらに加速するため、コミュニティを維持しながら木密地域にお住まいの権利者などの移転を促す「都有地活用による魅力的な移転先整備事業」を民間事業者とともに進めていきます。

第1弾となる足立区江北地区では、昨年11月に公表した事業実施方針を基に、整備する住宅の規模や家賃などを具体化し、この度、魅力ある住環境を備えた一般賃貸住宅の整備を行う事業者の募集を開始しますので、お知らせします。

また、第2弾となる足立区関原地区では、住宅を整備する前に入居希望者を募り、設計内容や住まい方に対する希望を聞取りながら事業を進めることなどを盛り込んだ事業実施方針を策定しましたので、合わせてお知らせします。


足立区江北地区における事業者募集要項等の概要

事業用地
  • 所在地:足立区江北四丁目18番
  • 面積:776.99平方メートル
移転対象者
  1. 道路や公園の整備、老朽木造住宅の除却や建替えなどに伴い移転を要する方
  2. 昭和56年5月31日以前に建築された建築物などの老朽建築物にお住まいの方のうち経済的理由などにより移転先の確保が困難な方
  3. 接道状況などにより現地での建替えが困難な方
事業の
コンセプト

木密地域に近接し大規模土地利用転換に合わせた一体的なまちづくりが進む地域に、魅力ある住環境を備えコミュニティにも配慮した一般賃貸住宅を整備し、密集市街地からの移転を促進することで、木密地域の改善を加速する。

事業の内容

事業者は、定期借地(50年間)により事業用地を借り受け、以下の取組を実施することとします。

  1. 継続的に移転先となる賃貸形式の集合住宅を整備
    • 移転したいと思えるような魅力ある住環境を整備
      (例:豊かな緑、周辺環境や景観に配慮した計画、防災機能の確保、省エネルギーへの配慮など)
    • 近所付き合いなどの既存コミュニティを維持
    • 移転先での新たなコミュニティを形成(多世代交流等)
  2. 整備した住宅の事業期間内における継続的な管理・運営
  3. 移転元の土地等の買取りなど、木密地域からの移転を促進し、市街地の不燃化を加速する取組

上記に加え、地域の活性化につながる機能や木密地域からの一層の移転促進により市街地の不燃化に繋がる機能などについて、事業者の創意工夫による積極的な導入を期待します。

募集及び選定
  1. 選定方式
    公募型プロポーザル方式
  2. 審査方法
    外部委員で構成する審査委員会により、提案内容や貸付料などを総合的に審査し、事業予定者を決定
今後の主な予定
  • 2019年4月19日
    事業者募集要項等説明会の開催
    【事前申込制 4月16日午後4時00分〆切】
    ※詳細は事業者募集要項本文をご覧ください。
  • 2019年7月12日
    提案書等の受付
  • 2019年9月頃
    事業予定者の決定

足立区関原地区における事業実施方針の概要

事業用地
  • 所在地:足立区関原一丁目4番
  • 面積:683.08平方メートル
移転対象者 足立区江北地区と同じ
事業のコンセプト

居住者どうしが緩やかに繋がり助け合いながら、地域にお住いの方々と共に豊かに暮らせる住まいを整備し、密集市街地からの移転を促進することで、木密地域の改善を加速する。

事業の内容

事業者は、定期借地(50年間)により事業用地を借り受け、以下1.~3.の取組を実施することとします。

1.、2.に当たっては、住宅の設計内容や住まい方、管理・運営等に関するワークショップ等を開催するなど、コミュニティの形成や入居者による自立的な管理・運営を支援するコーディネート業務を実施するものとします。

  1. 計画内容等について入居希望者の希望を聞きながら、コミュニティの形成を促進する充実した共用空間を有する賃貸形式の集合住宅を整備
    • 移転したいと思えるような魅力ある住環境を整備
      (例:豊かな緑、周辺環境や景観に配慮した計画、防災機能の確保、省エネルギーへの配慮など)
    • 近所付き合いなどの既存コミュニティを維持
    • 移転先での新たなコミュニティを形成(多世代交流等)
  2. 入居者と分担し、整備した住宅を事業期間内において継続的に管理・運営
  3. 移転元の土地等の買取りなど、木密地域からの移転を促進する取組を実施
今後の主な予定
  • 2019年4月19日
    事業実施方針説明会の開催
    【事前申込制 4月16日午後4時00分〆切】
    ※詳細は事業実施方針本文をご覧ください。
  • 2019年9月頃
    事業者募集要項等の公表
  • 2020年3月頃
    事業予定者の決定


その他詳細・資料等については、東京都ホームページまで。


△ページ先頭へ

このページに「お知らせ」を掲載したい方は、下記よりお問い合わせください。

PFI事業クイック検索
|| 2019年度案件 ||
845 三浦市子育て賃貸住宅等整備事業
844 厚木市ふれあいプラザ再整備事業
843 栃木市新斎場整備運営事業
842 (仮称)行方市定住促進住宅整備事業
841 志布志市地域優良賃貸住宅整備事業(仮称)
840 宮崎白浜オートキャンプ場施設運営事業
839 熊本県有明・八代工業用水道運営事業
838 (仮称)川西市中学校給食センター整備・運営PFI事業
837 瑞浪超深地層研究所の坑道埋め戻し等事業
836 日ノ川団地整備事業
835 (仮称)陵南アパート整備等事業
834 山形県立寒河江工業高等学校改築整備事業
833 小城市牛津子育て支援集合住宅整備事業
832 宮古島第三宿舎(仮称)整備事業
831 (仮称)盛岡学校給食センター整備運営事業
830 国道22号一宮浅野電線共同溝PFI事業
829 みなとみらい公共駐車場運営事業
828 国道8号東沼波電線共同溝PFI事業
827 清水庁舎整備等事業
826 宮崎市立小学校空調設備整備等PFI事業
825 静岡市海洋・地球総合ミュージアム(仮称)整備運営事業
824 (仮称)厚木市学校給食センター整備運営事業
823 金池小学校施設整備事業
822 新日明工場整備運営事業
820 (仮称)第2期君津地域広域廃棄物処理事業
819 国際教養大学新学生宿舎整備事業
818 津野町定住促進住宅整備事業(仮称)
817 (仮称)草津市立プール整備・運営事業
816 国道1号東小磯電線共同溝PFI事業
815 (仮称)長崎市三重学校給食センター整備運営事業
814 愛南町第二期町営浄化槽整備推進事業
813 岡崎市コンベンション施設整備事業
812 筑波大学附属病院陽子線施設整備運営事業
811 新青少年教育施設整備運営事業
810 愛知県営上郷住宅PFI方式整備等事業
809 周南市小学校普通教室空調設備整備事業
808 天保山客船ターミナル整備等PFI事業
807 中規模ホール整備官民連携事業
806 第3期境地区定住促進住宅整備事業
805 (仮称)尼崎市立学校給食センター整備運営事業
804 東広島市立小中学校空調設備整備事業
803 愛知県営鷲塚住宅PFI方式整備等事業
802 愛知県営野並住宅PFI方式整備等事業
801 京都市上下水道局南部拠点整備事業
PFI事業クイック検索