国・自治体・協会会員等からのお知らせ

▽2019.4.10

【岡山県笠岡市】国営笠岡湾干拓地内にある旧笠岡湾干拓粗飼料生産供給基地のマーケット型サウンディング調査について

笠岡市にて、「国営笠岡湾干拓地内にある旧笠岡湾干拓粗飼料生産供給基地のマーケット型サウンディング調査」が実施されます。

下記概要及び笠岡市ホームページをご覧ください。


調査の目的

本調査の対象となる旧笠岡湾干拓粗飼料生産供給基地は,粗飼料の生産を岡山県と笠岡市で共同で行ってきておりましたが,平成29年4月からその運営を廃止し,運営していた建物については平成30年4月に岡山県から笠岡市に譲渡を受けました。

また,この施設がある笠岡湾干拓地は,農業振興地域に位置し,大規模営農による路地・ハウスでの野菜,果樹及び花きなどの生産,そして畜産が盛んに行われております。一方,集客施設として「太陽の広場」,「総合運動公園」などの公園施設や,また,菜の花やひまわりなどの四季折々の花が年間を通じて咲いている景観作物農場,年間80万人を超える来場者がある「道の駅」や「JA倉敷かさやふれあい青空市」の観光・商業施設もあります。

市では,これまで旧笠岡湾干拓粗飼料生産供給基地跡地(以下これを「粗飼料生産供給基地跡地」という。)の利活用について,既存建築物の取扱い,地域貢献,市の財政状況等を踏まえた上で検討を行ってきましたが,現時点で利活用の方針が定まっていません。

そこで,市は,民間事業者との「対話」を通じて,粗飼料生産供給基地跡地の利活用(期間を定めた土地の貸付)の様々なアイデア,事業の可能性,実現に向け解決すべき事項を把握するために,公募型市場調査(以下「サウンディング」という。)を実施します。


調査の名称

  • 粗飼料生産供給基地跡地の利活用に関するサウンディング

サウンディングに係る対話テーマ(予定)

  • サウンディングへの参加理由について
  • 粗飼料生産供給基地跡地の利活用に係るアイデアや事業の提案
    • 既存建築物及び土地の取扱い
    • 提案可能な事業のコンセプト,提案可能な施設及び施設規模
    • 案可能な施設の整備方法,管理方法,運営方法等
    • 提案可能な施設の事業方式,資金計画等
    ※1 所有形態,運営方法等の制限は,設定しません。
    ※2 現時点では,「期間を定めた土地の貸付」等による民間事業者の利活用を想定しています。
  • 上記イの提案を実現させるための条件,課題,市への要望等

スケジュール

日程 事項
平成31年4月10日(水)~5月10日(金) エントリーシート兼現地見学会参加申込受付け期間
平成31年5月15日(水) 現地見学会
平成31年5月17日(金)~ 24日(金) サウンディング質問受付け期間
平成31年5月30日(木)目途 サウンディング質問回答
平成31年6月10日(月)~21日(金) 対話期間(土曜日,日曜日は除く。)
平成31年6月24日(月)~ 28日(金) 対話結果公表のための事前調整
平成31年7月5日(金)目途 対話結果公表

実施要綱・エントリーシート



その他詳細・資料等については、笠岡市ホームページまで。


△ページ先頭へ

このページに「お知らせ」を掲載したい方は、下記よりお問い合わせください。