国・自治体・協会会員等からのお知らせ

▽2019.9.25

【栃木県鹿沼市】旧西大芦小の利活用に向けた基本協定の締結について

鹿沼市にて、「旧西大芦小の利活用に向けた基本協定」が締結されました。

下記概要及び鹿沼市ホームページをご覧ください。


趣旨・目的

市と株式会社JM(東京都千代田区)は、西大芦地区の活性化に向けた基本協定とその拠点として旧西大芦小学校の賃貸借契約を締結しました。

本協定をうけ、同校舎はコミュニティセンターなどの行政機能と民間の宿泊施設を備えた観光交流型複合拠点として生まれ変わります。

また、地域住民による活性化事業とも連携し、地域密着型の運営を目指します。


協定内容

目的 旧西大芦小学校を活用した観光交流型複合拠点整備事業による地域活性化の推進・実現
協定締結日 令和元年9月1日
取組事業
  1. 観光交流型複合拠点施設の整備事業
  2. 整備した施設における観光・宿泊事業等
整備事業

市と株式会社JMは、次の機能を持つ施設を、旧西大芦小学校を活用し、整備する

  1. コミュニティセンター機能、へき地巡回診療機能
  2. 民間提案に基づき株式会社JMが行う宿泊、飲食などの観光交流機能
  • ※整備は、株式会社JMが一括して実施
  • ※市はコミュニティセンターと施設維持に必要な共同設備の費用を負担する
賃貸借
  • 契約期間:令和元年9月1日から令和16年3月31日まで(14年7ヶ月)
  • 賃貸借料:令和12年3月31日まで無償(当初9年7ヶ月)

※無償期間終了後の賃貸借料は、協議の上で決定

特別目的会社の設立等

株式会社JMは、本事業の遂行のみを目的とする特別目的会社(SPC)を設立し、本協定における権利義務の全て又は一部を譲渡する


関連資料



その他詳細・資料等については、鹿沼市ホームページまで。


△ページ先頭へ

このページに「お知らせ」を掲載したい方は、下記よりお問い合わせください。