国・自治体・協会会員等からのお知らせ

▽2019.10.28

【鹿児島県鹿児島市】錦江湾公園への民間活力導入に関するサウンディング型市場調査について

鹿児島市にて、「錦江湾公園への民間活力導入に関するサウンディング型市場調査」が実施されます。

下記概要及び鹿児島市ホームページをご覧ください。


趣旨・目的

錦江湾公園は、平川動物公園に隣接するなだらかな丘陵地に、昭和62年に開設された特殊公園(風致公園)で、花と緑を活かし、バラ園をはじめ、フィールドアスレチック等のレジャー施設やキャンプ場を有するとともに、展望広場からは錦江湾や大隅半島を一望できます。

これまで、多くの市民の皆様に、レクリエーションや教育、自然とのふれあいの場として活用されていますが、開園から30年以上が経過し、施設の老朽化が進んでおり、多様化する市民ニーズへの対応や公園機能の充実、公園の魅力向上が求められています。

また、国土交通省は、平成28年度に、新たな時代の都市マネジメントにおける緑とオープンスペースのあり方として、「ストック効果をより高める」「民との連携を加速する」「都市公園を一層柔軟に使いこなす」という重視すべき3つの観点を掲げ、官民連携を加速するために、29年度には都市公園法の一部を改正し、公募設置管理制度(Park-PFI)を創設しました。

そこで、鹿児島市では、錦江湾公園に民間の優良な投資を誘導し、公園管理等にかかる財政負担を軽減しつつ、さらに錦江湾公園の魅力向上を図ることを目的に、民間活力を導入した整備等を検討しています。

つきましては、錦江湾公園への民間活力導入に向けて、民間事業者の皆様との対話を通じて、市場性の有無や活用のノウハウ・アイデアを把握することにより、具体的な整備手法や管理運営方法、公園の付加価値を高める機能などを検討し、今後の事業者公募等に活かすことを目的に、民間事業者に広く意見、提案を求めるサウンディング型市場調査を実施します。


調査対象

  • 錦江湾公園の全エリアを対象に、設置する公園施設及びその管理運営方法

サウンディング(対話)内容

    飲食・物販やレジャー施設(アスレチックやオートキャンプ場等)など、公園の魅力向上や収益を生み出す事業のアイデア及び施設
    • 豊かな自然環境を有する錦江湾公園の魅力向上に繋がること。
    • 風致公園としての機能を損なわず、公園管理水準の向上や公園利用の増進に繋がること。
  • 具体的なエリア、規模など
  • 概算の収支の見込み
  • 民間活力導入の可能性(市場性の有無)や課題
  • 管理運営方法
  • 隣接する平川動物公園との一体的活用

  • スケジュール

    内容 日程
    サウンディングの実施について公表 令和元年10月23日(水曜日)
    参加事業者説明会の開催
    事前申込み
    令和元年11月11日(月曜日)
    令和元年10月23日(水曜日)~11月8日(金曜日)
    質問の受付及び対応 令和元年10月23日(水曜日)~11月22日(金曜日)
    サウンディングの参加受付 令和元年11月11日(月曜日)~11月22日(金曜日)
    提案資料(対話資料)の提出 令和元年11月25日(月曜日)~12月11日(水曜日)
    事業者との個別対話 令和元年12月16日(月曜日)~12月20日(金曜日)
    実施結果の概要を公表 令和2年3月頃(予定)

    添付書類等



    その他詳細・資料等については、鹿児島市ホームページまで。


    △ページ先頭へ

    このページに「お知らせ」を掲載したい方は、下記よりお問い合わせください。