国・自治体・協会会員等からのお知らせ

【神奈川県川崎市】川崎市民間活用(川崎版PPP)推進方針の策定について

川崎市にて、「川崎市民間活用(川崎版PPP)推進方針」が作手されました。

下記概要及び川崎市ホームページをご覧ください。


趣旨・目的

本方針は、本市の総合計画に掲げた「めざす都市像」や「まちづくりの基本目標」の達成に向けた「市民サービスの質的改革の推進」などを基本理念とする行財政改革を、「民間活用」の視点から推進するための考え方を示すものです。

市民サービスの提供等における本市がめざす民間活用の考え方や取組の基本的な方針等を整理し、効率的・効果的な市民サービスの提供とそのサービスの質の向上の実現につなげることを目的に策定しています。


優先的検討に関する基本的な方針

  • 原則すべての施設整備・管理運営事業(インフラ整備や営修繕等は個別に検討)
  • 原則すべての公有財産利活用事業(敷地面積が100平方メートル以上)

優先的検討対象事業の情報発信に関する基本的な方針

  • 優先的検討の対象となる事業について、検討の進捗に合わせ事業概要等を掲載したリスト(ロングリスト・ショートリスト・発注リスト)の作成・公表
  • 検討の初期段階からPPPプラットフォームやサウンディング調査を活用した情報発信

地域経済活性化に向けた基本的な方針

  • PPPプラットフォームを活用した、 市内事業者への効果的な情報発信・基礎知識の習得・多様な事業者とのJV組成の環境整備
  • 民間活用事業における、選定事業者への市内中小事業者への優先発注、WTO政府調達協定の適用対象外事業の市内事業者を構成員とすることを要件化、市内事業者活用における加点評価の取組 等

民間提案に関する基本的な方針

  • 全ての施策分野・事業分野において民間提案制度(フリー型、テーマ型)を活用する

民間との対話に関する基本的な方針

民間活用を検討する全ての施策分野・事業分野の事業を対象に、民間が創意工夫を発揮する余地の多い検討の初期段階から、幅広く対話プロセス(PPPプラットフォーム、サウンディング型市場調査)を取り入れ、民間との対話を実施


確実な公共サービスの提供のためのモニタリング等に関する基本的な方針

  • 当初定めた内容に沿って適切に履行されているかを確認すること(モニタリング)
  • 事業実施期間中により良いサービス提供に向けて当該事業自体や他事業の見直しにつなげること(評価)
  • 事業終了時に民間活用の効果や課題等を総括し、その知見を次期事業や他事業に活かすこと(総括)

添付書類等



その他詳細・資料等については、川崎市ホームページまで。


△ページ先頭へ

このページに「お知らせ」を掲載したい方は、下記よりお問い合わせください。