国・自治体・協会会員等からのお知らせ

【兵庫県三田市】三田市公有財産に係るサウンディング型市場調査について

三田市にて、「三田市公有財産に係るサウンディング型市場調査」が実施されます。

下記概要及び三田市ホームページをご覧ください。


趣旨・目的

三田市では人口減少や少子高齢化などを踏まえ、公共サービスの持続的な提供を実現するため、公共施設の集約・再編など公共施設マネジメントの推進に取り組んでいます。

このようななか、役割を終えた公共施設やその跡地および廃止予定の公共施設の利活用、並びに既存公共施設の有効活用可能なスペースなどを活用した市民サービス向上に向け、これらの施設の市場性の有無や、民間事業者が考える応募に際しての課題などを把握・整理するため、民間事業者から様々な意見や提案をいただくサウンディング型市場調査(以下「サウンディング」という。)を実施します。


対象案件の概要

以下に区分する3つのカテゴリーにおいて、市場性などを見たなかでどのような事業化が可能か、また、そのための公募条件などについて、意見や提案を募ります。

なお、複数のカテゴリーや複数の対象案件への提案も可能です。

1.公共施設の跡地の有効活用策【カテゴリーA】

既に公共施設としての役割を終え、普通財産として管理している施設の跡地について、公的不動産の有効活用に向けた検討を行うものです。

  1. 旧市民病院跡地
  2. 加茂市有地

2.今後廃止予定の公共施設等の有効活用策【カテゴリーB】

「三田市公共施設マネジメント推進に向けた基本方針」において、「廃止・売却等」として位置付けられている公共施設を中心に、市として求める利活用に向けた検討を行うものです。

  1. 旧青少年育成センター
  2. 新陶芸館
  3. 淡路風車の丘
  4. フラワータウン駅前倉庫
  5. 野外活動センター

3.既存公共施設を活用した市民生活の向上につながる活用策 【カテゴリーC】

市が保有する公有財産(土地・建物)などを活用したなかで、公共施設マネジメントの推進に貢献する内容や、市有財産の有効活用に資する利活用に向けた検討を行うものです。

  • 市が保有する全ての公有財産(土地・建物)
    • カテゴリーBで掲げる案件であっても、市が求める利活用策以外の有効な提案がある場合は、カテゴリーCにて提案可能
    • 特定の施設に寄らない提案(ソフト施策など)も可


スケジュール

項目 日程
実施要領の公表 令和2年10月1日(木曜日)
説明会の参加申込期日 令和2年10月30日(金曜日)
説明会の開催 令和2年11月6日(金曜日)
サウンディング参加申込期日 令和2年11月24日(火曜日)
サウンディング実施日時および場所の連絡 令和2年11月27日(金曜日)
提案書の提出期日 令和2年12月4日(金曜日)
サウンディングの実施 令和2年12月7日(月曜日)から18日(金曜日)

添付書類等



その他詳細・資料等については、三田市ホームページまで。


△ページ先頭へ

このページに「お知らせ」を掲載したい方は、下記よりお問い合わせください。