日本PFI・PPP協会セミナーのご案内

第151回日本PFI・PPP協会セミナー
「PFI・PPPシンギュラリティ(究極のコスト削減)研究会」
創設セミナーのご案内

当協会は、この度「PFI・PPPシンギュラリティ(究極のコスト縮減)研究会」を創設いたします。


『2045年、AI(人口知能)が人類の知性を上回るシンギュラリティへと到達する』
(レイ・カーツワイル)


AIがリードする第4次産業革命。地方自治体の組織、人事、資金は急速に効率化され、大幅なコスト縮減が実現します。公共施設・インフラの老朽化はピンチであり、AI、IoT導入のチャンスです。

PFI・PPPシンギュラリティ(究極のコスト削減)研究会」の目的とプログラム

当研究会の目的は、 地方自治体の責務である「公共サービスの提供」においてAI技術がコスト縮減・質の向上及びワークライフバランス等の実現に、どのように貢献するかを検証することです。

具体的プログラムとして以下の通りです。

  1. 地方自治体の全ての業務をAI技術活用の視点で検証・仕分け
  2. 最新の事例紹介
    • 民間企業・AI技術
    • 地方自治体の取り組み
  3. モデル事業の構築

万障お繰り合わせの上ご参加頂けますようお願い申し上げます。


■開催概要

タイトル 第151回日本PFI・PPP協会セミナー
「PFI・PPPシンギュラリティ(究極のコスト削減)研究会」創設セミナー
開催日時 2018年7月12日(木)13時30分~16時40分
場所 フクラシア丸の内オアゾ C会議室【交通アクセス
住所:東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビルディング(TEL:050-5287-4485)
参加費 行政   :無 料
民間会員 :三千円(資料代及び会場費)
民間非会員:一万円(資料代及び会場費)
定員 100名(定員になり次第締切させていただきます。)

■講演内容

  • 挨拶
    • 衆議院議員 自民党 人口知能未来社会経済戦略本部長
      元文部科学大臣 塩谷 立 氏
    • 「PFI・PPPシンギュラリティ(究極のコスト削減)研究会」会員募集について
      特定非営利活動法人日本PFI・PPP協会 会長 兼 理事長 植田 和男
  • 講演
時間 講演内容
13:50~
15:00
講演:「超少子高齢化社会とシンギュラリティ」~第4次産業革命期における官民連携の在り方と公共サービスのイノベーションについて~
講師:東 博暢 氏
   株式会社日本総合研究所 リサーチ・コンサルティング部門
   プリンシパル/融合戦略グループ長

未曽有の超少子高齢化を迎えている我が国において、公共サービスの在り方について大きな転換期を迎えている。現在、急速な情報通信技術の発展により端を発した第4次産業革命期において、人工知能を含めた新たな技術の社会実装が急速に進む中、今後の社会を支える公共サービスや官民連携の在り方について洞察する。

15:00~
15:20
休憩・名刺交換会
15:30~
16:40
講演:世界におけるAI投資の状況と日本への提言 ~我々の社会をより良くするために~
講師:Jovan Reballedo 氏(ジョバン・レボレド氏)
   東京大学大学院情報工学系研究科特任研究員
   エクスポネンシャル・ジャパン株式会社 代表取締役

AIなどのエクスポネンシャル・テクノロジーの進化は社会のあらゆる人に多くの利益を もたらす一方、多額の投資を伴うのが現状です。東京大学でAIを研究、同時にシンギュラリティ大学のフェローとして世界におけるAI研究の第一人者でもあるジョバン氏が、世界のAI開発の状況と、それによって予測される社会への影響を説明し、それに伴う世界の投資戦略の状況と我が国のあるべき方向性を明快に読み解きます。

■お申込み


△ページ先頭へ