国・自治体・協会会員等からのお知らせ

【兵庫県姫路市】グリーンステーション鹿ケ壺に関するサウンディング型市場調査について

姫路市にて、「グリーンステーション鹿ケ壺に関するサウンディング型市場調査」が実施されます。

下記概要及び姫路市ホームページをご覧ください。


調査の目的

グリーンステーション鹿ケ壺(以下「GS鹿ケ壺」という。)は、名勝「鹿ケ壺」をはじめとする美しい滝や渓谷などを有する姫路市北部の安富(やすとみ)地域にある自然豊かなキャンプ場です。また、大阪から2時間圏内とアクセス性が良く、手軽に自然を満喫できるスポットになっています。

一方、GS鹿ケ壺は平成24年にリニューアルしたものの、開設当初に建設したコテージ等が老朽化しているほか、現在の運営が維持管理中心で、周辺の地域コンテンツを十分に活用できていないことが大きな課題となっております。

本市では、安富地域において、このGS鹿ケ壺を核に、地域資源が連携し、新たな地域活性化モデルを確立するため、GS鹿ケ壺に公民連携による新たな管理運営手法を導入するとともに、周辺の魅力ある地域コンテンツの効果的活用を検討しています。

そこで、GS鹿ケ壺を核として展開する地域活性化事業についてさまざまな可能性を調査・把握するため、民間事業者との”対話”を通じて、アイデアや意見等を調査する「サウンディング型市場調査」を実施します。


説明会・現地見学会

日時 令和3年5月10日(月) 午後2時~〔概ね3時間程度〕
申し込み締め切り 5月6日(木)
場所 グリーンステーション鹿ケ壺 ふれあい交流センター(兵庫県姫路市安富町関775番地)

サウンディング

日時 令和3年5月19日(水)~28日(金)※ 土・日曜日は除く
申し込み締め切り 5月14日(金)
対話方式 対面方式 又は Webによる非対面方式
対話内容
  1. 事業コンセプト
  2. ターゲット(年代、エリア等)
  3. 市場性・採算性
  4. 事業内容(キャンプ、グランピング等)
  5. 事業手法(指定管理者制度、 RO、コンセッション、土地・建物貸付け等)
  6. 事業期間(事業者募集期間、導入時期、改修期間、運営期間)
  7. 老朽化した既存建物の活用の有無
  8. 周辺の地域コンテンツの活用可能性(自然アクティビティ、ワーケーション、古民家再生、地産地消、とみす杉活用等)
  9. 地域貢献策(地元雇用・地域連携等)

添付書類等



その他詳細・資料等については、姫路市ホームページまで。


△ページ先頭へ

このページに「お知らせ」を掲載したい方は、下記よりお問い合わせください。