国・自治体・協会会員等からのお知らせ

【香川県高松市】ネーミングライツの効果的な運用に向けたサウンディング型市場調査について

高松市にて、「ネーミングライツの効果的な運用に向けたサウンディング型市場調査」が実施されます。

下記概要及び高松市ホームページをご覧ください。


調査目的

 本市では、継続的に安定した財政基盤の確立に向け、平成29年度から、施設の愛称を付与するネーミングライツ事業を導入しており、令和3年4月1日現在、2施設で実施しています。

 今年度、ネーミングライツ事業の効果的な運用に向けて、これまでの、対象を公共施設(いわゆるハコモノ施設。)に限定したものから、インフラ施設や行事等にも、対象施設等を拡大するとともに、対価を金銭のみから、物品の納入や役務の提供等にも求められるよう、対価の対象も拡大したところです。

 「サウンディング型市場調査」(以下「調査」という。)とは、本市が予定又は実施している事業の検討・見直しに当たり、民間事業者等と対話を行い、広く意見・提案を求めることで、市場性の有無や民間のアイデア等を把握し、効果的な運用につなげるために実施するもので、今回、制度運用等の見直しを進めるため、調査を実施します。


調査対象者

  • 本市の公共施設等のネーミングライツ事業に関心のある事業者や広告代理店

主な対話項目

  1. 応募に当たって、妨げとなる要因
  2. 募集期間や契約期間
  3. 対象施設や命名権料
  4. 参入しやすい提案等
  5. その他

スケジュール

実施要領の公表 令和3年7月1日(木曜日)
対話参加の申込み 令和3年7月1日(木曜日)~7月20日(火曜日)
対話の実施 令和3年8月2日(月曜日)~8月6日(金曜日)
結果の公表 令和3年9月上旬(予定)

添付書類等



その他詳細・資料等については、高松市ホームページまで。


△ページ先頭へ

このページに「お知らせ」を掲載したい方は、下記よりお問い合わせください。