国・自治体・協会会員等からのお知らせ

【神奈川県相模原市】公共下水道管路施設等の維持管理に関する民間活力の活用に向けたサウンディング型市場調査について

相模原市にて、「公共下水道管路施設等の維持管理に関する民間活力の活用に向けたサウンディング型市場調査」が実施されます。

下記概要及び相模原市ホームページをご覧ください。


趣旨・目的等

 本市の公共下水道区域における管きょ施設は、相模原駅周辺での合流管整備を皮切りとして、昭和42年から事業が開始され、その後、令和3年度までに約2,900キロメートルに及ぶ管きょ施設が整備されました。このうち、建設ピークである昭和52年度から平成11年度にかけては、年間平均約100キロメートルの管きょが整備されたことから、今後、耐用年数を超過する管きょが加速度的に増加することが見込まれています。

 また、市内に6カ所設置されているポンプ場施設についても、その多くが平成初期に建設されており、最も古いポンプ場は、供用開始から約30年が経過しているところです。 このことを踏まえ、本市では老朽化した下水道管路施設等の長寿命化を推進し、更なる市民サービスの向上を図るため、計画的な点検・調査や住民対応等業務について、「相模原市PPP/PFI手法導入優先的検討方針」に基づき、業務の効率化に向けて取り組むことを検討しております。

 つきましては、下水道管路施設等の計画的な維持管理の実施にあたり、民間の経営能力や技術的ノウハウなどの民間活力を導入することについて、専門的な知見を有する民間事業者等の皆様から、幅広くご意見・ご提案をいただきたく調査を実施します。是非ご参加くださいますようお願いいたします。


主な対話内容

  1. 効率的な維持管理を行うためのアイデアについて
  2. 市内企業の参画等につながる方法について

スケジュール

実施要領の公表 令和4年10月 3日(月)
事前説明会の開催 令和4年10月24日(月)午後 ※時間は別途お知らせします。
対話参加の申込み 令和4年10月24日(月)~31日(月)
資料提出【任意】 対話実施日の5営業日前まで
対話の実施 令和4年12月 9日(金)~23日(金)
結果の公表 令和5年 2月中旬(予定)

添付書類等



その他詳細・資料等については、相模原市ホームページまで。


△ページ先頭へ

このページに「お知らせ」を掲載したい方は、下記よりお問い合わせください。