PFI・PPP関連ニュース

▽2021.6.11

政府の経済財政諮問会議/骨太方針の原案議論/社会資本整備もデジタル化

政府は9日、首相官邸で経済財政諮問会議を開き、骨太方針(経済財政運営と改革の基本方針)の原案を議論した。議論を踏まえて菅義偉首相は「新型コロナ対策に最優先で取り組みながら、グリーン、デジタル、地方、子供の4課題に重点的な投資を行い、力強い成長を目指す」と述べた。

民間活力の活用については、PPP/PFIなどの官民連携手法を通じて民間の創意工夫を最大限取り入れる。人口20万人未満の自治体への優先的検討規程の導入要請や策定支援により、PPP/PFI導入促進を図る。

情報元:建設通信新聞

△ページ先頭へ

▽2021.6.9

いわき市のスマートタウンモデル推進/日本工営を特定

福島県いわき市は、スマートタウンモデル地区推進事業業務の公募型プロポーザルを実施した結果、日本工営を最優秀提案者に特定した。履行期限は2022年3月末。

同市中央台地区のいわきニュータウンでスマートシティーの取り組みなどを進め、モデル都市を開発する。

21年度下期に公募するスマートタウン形成推進コンソーシアム事業の発注者支援として、募集要項の検討や企業説明会の開催支援、市民アンケートなどを担う。

情報元:建設通信新聞


YMFG ZONEプラニングら/PPP・PFI官民対話など推進/案件創出へ積極支援

YMFG ZONEプラニングと山口フィナンシャルグループ(山口銀行、北九州銀もみじ銀行)は、2021年度の「PPP/PFI地域プラットフォームを活用したPPP/PFI案件の創出および形成促進に向けた取組方針」をまとめた。

活動を通じて蓄積してきたノウハウを広域的に展開し、地域プラットフォーム設立・企画運営に関する助言やPPP/PFI案件の検討支援を行い、地域経済の活性化に貢献する案件の創出、形成促進につなげる。

情報元:建設通信新聞

△ページ先頭へ

▽2021.6.8

国交省のBIMモデル/パートナー事業者型で5件採択

国土交通省は、実際の建築プロジェクトでBIMを試行して導入メリットの検証などに取り組む事業者を支援する「BIMを活用した建築生産・維持管理プロセス円滑化モデル事業」で、2021年度に募集する3タイプのうちパートナー事業者型に5件を採択した。先導事業者型は7件を採択済みで、中小事業者BIM試行型は今後採択する。

パートナー事業者型に採択した5件の提案名と事業者は次のとおり。

▽BIMを活用した建物ライフサイクル情報管理とデジタルツイン及びソフトウェアエコシステムによる支援の検証=鹿島▽発注者の資産となるべき情報のBIM活用における調査・検証・課題分析=明豊ファシリティワークス▽増築工事における、BIMモデル活用による生産性向上の検証=東急建設▽生産施設におけるBIM活用検証(環境・木材利用・建築生産)=大成建設▽クラウドコンビューティングを活用したプロジェクト関係者間におけるB、C工事も想定したBIMデータ連携およびコンビュテーショナルデザインとスペースマネージメントに関する取り組み=東洋建設。

情報元:建設通信新聞


高松市/次期スマートシティ推進プラン策定/三菱UFJリサーチに

高松市は、「次期スマートシティたかまつ推進プラン(仮称)策定支援業務」の公募型プロポーザルを実施した結果、三菱UFJリサーチ&コンサルティングを特定した。

業務は、現状分析と課題抽出、計画の施策体系や具体的な施策、今後の方向性の検討。RESAS(地域経済分析システム)などの各種統計データを活用しながら市や外部環境を分析するほか、重点的に取り組む施策を明確化し、分野間連携と政策統合を検討する。

提案上限額は270万円(税込み)で、履行期間は2022年3月31日まで。

情報元:建設通信新聞

△ページ先頭へ

▽2021.6.7

交流拠点スタジアム・アリーナ/改革モデル初弾11施設/国がソフト・ハード両面支援

経済産業省とスポーツ庁は、「多様な世代が集う交流拠点としてのスタジアム・アリーナ」として、構想・計画段階の2施設を含む11施設を選定した。スタジアムやアリーナがまちづくりや地域活性化の核となることを目指す「スタジアム・アリーナ改革」のモデル第1弾と位置付けている。選定した施設に対して、国はソフト・ハードの両面で重点的に支援する。

第1弾に選定した施設と立地自治体は次のとおり。

〈運営・管理段階または設計・建設段階の施設>

▽エスコンフィールドHOKKAIDO=北海道北広島市▽FLAT HACHINOHE=青森県八戸市▽横浜文化体育館=横浜市▽桜スタジアム(大阪市立長居球技場)=大阪市▽東大阪市花園ラグビー場=大阪府東太阪市▽ノエビアスタジアム神戸(神戸市御崎公園球技場)=神戸市▽FC今治新スタジアム=愛媛県今治市▽ミクニワールドスタジアム(北九州スタジアム)=北九州市▽SAGAアリーナ=佐賀市。

く構想・計画段階の施設>

▽アイシンアリーナ=愛知県安芸市▽長崎スタジアムシティプロジェクト=長崎市。

情報元:建設通信新聞

△ページ先頭へ

▽2021.6.4

呉市/「スマートチャレンジくれ」始動/提案意思30日まで

広島県呉市は、スマートシティーの実現を目指し、事業化の前段階から民間事業者や大学などの高等教育機関と意見交換する産学官連携の取り組みとして「スマートチャレンジくれ」をスタートさせた。市のニーズ50項目を公表し、事業者からのシーズ(先端技術)を公募する。提案意思表明書は30日まで、事務局である企画部情報統計課情報政策室で受け付ける。シーズ提案書の提出期限は8月31日。提案の内容のヒアリングや必要に応じてプレゼンテーションの実施を依頼する場合がある。

「スマートチャレンジくれ」では、庁内の各部署から選定された職員で構成するスマートシティー推進会議が抽出したニ-ズに対して、ICTなどの先端技術を民間事業者に提案してもらい、マッチ7グを図り、産学官で意見交換しながら社会実装につなげていく。ニ-ズについては、「子育て・教育」「福祉保健」「文化・スポーツ」「産業」「都市基盤(呉駅周辺含む)」「環境」「行政経営」の分野ごとに計50項目を抽出している。

情報元:建設通信新聞

△ページ先頭へ

▽2021.6.2

国交省/EU欧州委員会とスマートシティの取り組み共有/都市政策に還元へ

国土交通省は欧州連合(EU)の政策執行機関「欧州委員会」との間でウェブ会議を開催したと5月31日に発表した。これまで実施していた都市政策分野の定期的な情報交換に加え、スマートシティーの取り組み事例や、展開に当たっての官民連携の手法にも対話の領域を拡大。会議を通じて双方の優良事例を共有し、それぞれの政策に還元して課題解決に役立てる。

スマートシティーの取り組みに関して国交省は、自治体による実証実験を予算面で助ける「先行モデルプロジェクト」や、計画策定のノウハウを提供する「重点事業化促進プロジェクト」の代表事例を説明した。

情報元:建設工業新聞

△ページ先頭へ

▽2021.6.1

東京都建設局/新道路管理システム導入手法検討/オープンデータ化にも対応

東京都建設局は、道路施設の点検や修繕に活用する新たな道路アセットマネジメントシステムの導入手法などの検討を始める。橋梁、トンネルなど道路施設ごとに構築したサブシステムを統合する形で再構築するか、既存システムを生かした上で、より効率的な形を目指すかなどの方向性を2021年度中に固める。

現行業務やシステムの機能などを整理した上で、同局職員や道路施設点検の従事者などから、新システムに対する要望などを聴取する。その上で、新システムとして実装する業務範囲などを詰める。

新システムでは、都政全体のデジタル化などの動きに対応するため、オープンデータ化や都が構築を目指すデータプラットフォームへの対応も視野に入れている。

情報元:建設通信新聞

△ページ先頭へ

▽2021.5.31

国交省/BIMモデル先導事業者型で7件

国土交通省は、実際の建築プロジェクトでBIMを試行して導入メリットの検証などに取り組む事業者を支援する「BIMを活用した建築生産゜維持管理プロセス円滑化モデル事業」で、2021年度に募集する8タイプのうち先導事業者型の7件を採択した。16件の応募があった。中小事業者BIM試行型とパートナー事業者型は、今後採択する。

採択した提案と事業者は次のとおり。

▽木造住宅における、BIMとクラウドサービスを用いたCDEとECIの効果検証・課題分析=アンドパッド、小林・槙デザインワークショップ、DN-Archi、長谷川萬治商店、長谷萬、慶應義塾太学▽VRモックアップの効果検証と維持管理BIMの課題分析=梓設計、戸田建設、ハリマビステム▽「Life Cycle Consulting」発注者視点でのBIM・LCCに関する効果検証・課題分析=日建設計、荒井商店。

▽技術研究施設におけるBIMモデルを用いた維持管理業務効率化等の検証=奥村組▽建材と施工の電子商取引に向けたBIMデータ連携の効果検証・課題分析=スターツアセットマネジメント▽業務効率及び発注者メリットを最大限に創出する「役に立つBIM」の効果検証=大和ハウス工業、フジタ▽建築のライフサイクルを通した発注者によるBIM活用の有効性検証=日建設計コンストラクション・マネジメント、日本郵政。

情報元:建設通信新聞

△ページ先頭へ

▽2021.5.26

国交省が無電柱化推進で新計画策定/5年で4千キロ事業化/コスト削減へ新技術活用

国土交通省は新たな無電柱化推進計画を策定した。新設電柱を増やさない、徹底したコスト縮減を進める、無電柱化事業をさらにスピードアップの8つの取り組み姿勢を打ち出した。経済産業省や総務省、電線管理者などの関係者と連携し、2021-25年度の5年間で約4000キロの無電柱化事業に着手することを目標に設定している。

新設電柱を増やさず、緊急輸送道路では減少させる。具体的には、電柱が毎年7万本増えているため、新設電柱の増加要因を調査・分析し、要因ごとに関係者が役割分担した上で、削減に向けた対応方策を21年度内にまとめる。

無電柱化の完了までには7年がかかることから、包括発注、PPP活用、一括施工発注を含む発注の工夫や、民間技術の活用促進、地下情報のデータベース化などにより、特殊な現場条件がある場所を除いて事業期間を平均4年に縮める。

情報元:建設通信新聞


平塚市/公共施設の個別計画策定/212施設対象、10年で300億円

神奈川県平塚市は「平塚市公共施設等個別施設計画」を策定した。計画的に施設の総量縮減や長寿命化に取り組むことで、財政負担の軽減や平準化を図る。庁舎や学校、福祉施設など212施設、合計延べ床面積2万9219平方メートルが対象。おおむね5年周期で見直し、10年以上の計画になるよう更新する。想定事業費は今後10年間で約300億円と試算している。

情報元:建設工業新聞

△ページ先頭へ

▽2021.5.25

FJISSと国交省下水道部/官民連携へ共同検討を/強靭化・脱炭素化も議論

持続可能な社会のための日本下水道産業連合会(FJISS、野村喜一会長)は、国土交通省下水道部との意見交換会をウェブ会議形式で開き、下水道事業に適した官民連携事業スキームの集中的な検討を官民共同で進めるよう求めた。また、災害対策では内水氾濫防止に向けた流域対策の実装や、入札契約制度の見直しを含め発災時の迅速な復旧に向けた体制構築などを提案し、今後の政策検討への反映を求めた。

この中で、下水道事業に適した官民連携の新たな事業スキームや民間ノウハウを発揮しやすい「入札手続き・評価方法・リスク分担」について、官民共同の検討組織を設置して集中的な検討を展開するよう要望したほか、下水道のDX(デジタルトランスフォー一メーション)推進での情報のオープン化や新技術導入促進による維持管理の効率化、下水道事業運営の最適化に向けてアセットマネジメントを促す仕組みの構築も提言した。

情報元:建設通信新聞

△ページ先頭へ

▽2021.5.24

PPP/PFI支援対象を決定

国土交通省は、PPP・PFIに関する三つの支援制度で、2021年度第1次募集の支援対象を決定した。先導的官民連携支援事業は、2タイプあるうち事業手法検討支援型のみを対象に、6月16日まで第2次募集の申請を受け付けている。

情報元:建設通信新聞

△ページ先頭へ

▽2021.5.20

19年度契約PFI/地域企業の参画率87%/代表企業割合は47%

内閣府は、2019年度に契約を結んだ地方自治体などのPFI事業を対象に、地域企業の参画状況をまとめた。地域企業が事業者のグループに1社以上参画している事業の割合は87%、地域企業がグループの代表企業を務める事業の割合は47%だった。過去3年分の状況をみると、どちらも同水準で推移している。

事業を実施する都道府県に本社が所在する企業を地域企業と定義し、事業主体が国などの事業とコンセッション方式を除く教育・文化20事業、健康・環境8事業、産業2事業、まちづくり13事業、庁舎・宿舎2事業、その他2事業の計47事業を調べた。

情報元:建設通信新聞

△ページ先頭へ

▽2021.5.19

九州整備局/Park-PFI海の中道海浜公園/3月に運営開始/事業認定で7月着工

九州地方整備局は、Park-PFI(公募設置管理制度)を導入する「海の中道海浜公園官民連携推進事業」で、公募設置予定者に特定した海の中道パーク・ツーリズム共同事業体の事業計画(公募設置等計画)を適当と認定した。7月ごろに着工し、2022年3月の運営開始を予定している。Park-PFI事業による国営公園の開業は、同事業が国内初となる見込み。

同事業体は、三菱地所を代表企業に、積水ハウス、公園財団、オープン・エーで構成する。「海の中道パーク・ツーリズム」を事業コンセプトに「滞在型レクリエーション拠点」を整備する。計画施設は、球体テントなどの宿泊施設や立体アスレチック、レストラン、厩舎・放牧地などの公募対象公園施設(約2万5000平方メートル)、屋内遊戯施設や大屋根下広場などの特定公園施設(約7000平方厨メートル)で構成する。

情報元:建設通信新聞

△ページ先頭へ

▽2021.5.18

会計検査院、国のPFI事業で検査報告書/VFM算定に問題点/内閣府に指針改定の検討求める

会計検査院は、2018年度末までに国が実施したPFI事業を対象とする検査の報告書をまとめた。一部のサービス購入型事業でVFM(バリュー・フォー・マネー)の算定と評価に問題があると指摘し、各府省などは適切に算定した上でPFI事業の実施を判断する必要があるとの所見を示した。VFMガイドラインの趣旨が十分に理解されていないことが一因にあるとして、内閣府にガイドラインの改定などを検討するよう求めた。

PFI事業を選定する際の評価で、PSC(従来手法による財政負担)とPFT方式のLCC(ライフサイクルコスト)を算定する条件が一致せず、それらの比較が不適当な状態になっていた。金利情勢が割引率に十分反映されなかったことで、VFMが大きく算定され、PFI方式の経済的な優位性が高く評価された可能性があったとしている。

情報元:建設通信新聞


つくば市/スーパーシティ構想提出/インフラ管理にSIB導入

茨城県つくば市がスーパーシティ構想を内閣府に提出した。「スーパーサイエンスシティ」と銘打ち、IoT(モノのインターネット)や人工知能(AI)、AR(拡張現実)などデジタルツインの関連技術を駆使。高度な防災・インフラサービスの実現、先進の医療や行政、交通、物流サービスの提供などを目指す。連携事業者として筑波大学こをはじめとする教育・研究機関、鹿島や安藤ハザマら民間企業など合わせて50者が協力する。

行政と交通、物流、先端医療・介護、防災・インフラの5分野でさまざまな取り組みを展開する。防災・インフラ分野では金融市揚から資金を調達し公共施設の維持管理に充てる「ソーシャル・インパクト・ポンド(SIB)」の導入を目指す。インフラの維持管理に成果連動型包括管理手法を採用し、コスト削減や効率的な高度な業務実施につなげる。

情報元:建設工業新聞

△ページ先頭へ

▽2021.5.13

デジタル庁9月発足/建設業法など押印廃止/関連法案が成立

デジタル庁設置法を柱とするデジタル改革関連法が、12日の参院本会議で可決、成立した。菅義偉首相の看板政策であるデジタル改革で、司令塔組織となるデジタル庁が9月1日に発足する。「デジタル社会の形成を図るための関係法律の整備に関する法律」の規定により、建設業法や建築士法を含む48本の法律で定める押印手続きが廃止となる。

デジタル庁は、内閣総理大臣をトップとする内閣直属の組織とし、デジタル太臣を置く。関係行政機関の長に対する勧告権など強力な総合調整機能を有する。デジタル社会形成の施策策定に関する基本方針の企画立案・総合調整、重点計画の作成・推進、国の情報システム整備・管理に関する事業の統括監理、予算の一括計上などを担う。民間から採用する人材を含め、職員数500人規模でスタートする。

法律48本のうち、国交省所管は建設業法、建築士法、建設リサイクル法など17本。建設業法は、見積書の電子交付と、特定専門工事制度に基づく元下間合意文書の電子化に関する規定も追加した。これにより、民間同士の手続きを含めて建設業に関するすべての手続きの電子化が可能になる。

情報元:建設通信新聞

△ページ先頭へ

▽2021.5.7

内閣府ら4省/スマートシティガイド作成/導入効果など解説

内閣、総務、経済産業、国土交通の4府省は、地方自治体や地域協議会、エリアマネジメント団体など向けの手引き書として、『スマートシティガイドブック』(第1版)を共同で作成した。先行事例の成功・失敗体験を踏まえ、スマートシティーの意義・必要性、導入効果、進め方などを整理している。

情報元:建設通信新聞


関東経産局/地域企業のデジタル化支援/長岡市、松本市と協定

関東経済産業局は、地域企業の成長を目的に自治体の産業振興と地域経済の活性化を支援する包括協定を新潟県長岡市、長野県松本市と締結した。地域の企業の成長や経済分野の課題解決に連携して取り組み、企業のデジタル化やイノベーションの創出を促す。覚書の交換式は長岡市は4月26日、松本市は同28日に開いた。

情報元:建設工業新聞

△ページ先頭へ

PFI事業クイックリンク
|| 2021年度案件 ||
946 鎌倉市営住宅集約化事業
945 学校給食室・保健室等空調設備整備事業
944 県営住宅麻機羽高団地建替整備事業
943 愛知県営清水住宅PFI方式整備等事業
942 愛知県営上和田住宅PFI方式整備事業(第2次)
941 (仮称)平塚市学校給食センター整備・運営事業
940 (仮称)千葉ニュータウン中央駅圏複合施設整備事業
939 三浦市公共下水道(東部処理区)運営事業
|| 2020年度案件 ||
938 中央合同庁舎第7号館維持管理・運営事業(第二期)(仮称)
937 (仮称)⼀宮市第1共同調理場整備運営事業
936 グラスハウス利活用事業
935 県営追浜第一団地建替事業
934 県営上溝団地建替事業
933 湯梨浜町松崎・長江地区町営住宅建替・新築事業
932 健康増進施設整備・運営事業
931 東大阪市営北蛇草住宅C棟建替事業
930 大阪府営豊中新千里北第2期住宅民活プロジェクト
929 米原市観光・レクリエーション関連2施設に係る公共施設等運営事業
928 (仮称)大月市駒橋地区市営住宅建替・定住促進住宅整備事業
927 (仮称)苫小牧市民ホール整備運営事業
926 東大阪市営旧上小阪東住宅建替事業
925 福岡市立西部地域小・中学校特別教室空調整備PFI事業
924 勝連城跡周辺整備事業
923 周南地区衛生施設組合新斎場整備運営事業
922 (仮称)読谷村総合情報センター及び周辺環境整備事業
921 名古屋第4地方合同庁舎整備等事業
920 山都町下市PFI住宅整備事業
919 鳥取市佐治町木合谷川水力発電事業
918 手柄山スポーツ施設整備運営事業
917 (仮称)新たなみさき公園整備運営等事業
916 福知山市営住宅つつじが丘団地ほか建替事業
915 福岡市立東部地域小・中学校特別教室空調整備PFI事業
914 PFI方式による「awaもくよんプロジェクト(徳島県新浜町団地県営住宅の建替等事業)」
913 所沢市学校給食センター再整備事業
912 広島県新動物愛護センター施設整備事業
911 福井市新学校給食センター整備運営事業
910 多摩メディカル・キャンパス整備等事業
909 環状3号線(杉田港南台地区)電線共同溝PFI事業
908 美里町新中学校整備等事業(仮称)
907 大山地域公共施設複合化事業
906 国道208号榎津電線共同溝PFI事業
905 宮崎市営住宅新町・追手団地PFI方式建替事業
904 府中市市民会館・中央図書館複合施設維持管理・運営等事業
903 町営久江住宅及び芹川住宅建替、並びに町営住宅維持管理・運営等事業
902 大島町公共浄化槽等整備推進事業
901 (仮称)伊賀市忍者体験施設整備事業
900 出雲市新体育館整備運営事業
899 国立市立学校給食センター整備運営事業
898 海上自衛隊呉史料館維持管理運営事業
897 嬉野市営浄化槽事業
896 国道4号富谷地区電線共同溝PFI事業
895 立川市新学校給食共同調理場整備運営事業
894 中央区複合庁舎整備事業
893 愛知県新体育館整備・運営等事業
892 総合水泳・水遊場整備事業
891 小松市営木曽町地域優良賃貸住宅整備事業
890 下関市新総合体育館整備事業
889 大沢野地域公共施設複合化事業
888 鳥取県西部総合事務所新棟・米子市役所糀町庁舎整備等事業
887 (仮称)田名部まちなか団地整備事業
886 県営住宅佐鳴湖団地建替整備事業
885 青森県駐車場維持管理・運営事業
884 木葉駅前PFI住宅整備事業
883 愛知県営鳴海住宅PFI方式整備事業(第2次)
882 愛知県営平針住宅PFI方式整備事業
881 大阪市工業用水道特定運営事業等
880 大阪市水道PFI管路更新事業等
879 上峰町中心市街地活性化事業
PFI事業クイック検索