PFI・PPP関連ニュース

▽2021.8.4

大阪市/国内初の工業用水道コンセッション/前田コンソーシアムに

大阪市は、PFI法に基づくコンセッション(運営権付与)方式を導入する「工業用水道特定運営事業」の事業者選定で公募型プロポーザルを実施した結果、前田建設工業を代表企業とするコンソーシアム「犬阪工水イノベーション」を選定した。同方式による工業用水道事業は国内初となる。構成企業は同社のほか、日本工営、西日本電信電話(NTT西日本)、東芝インフラシステムズ。運営権対価の提案額は5億円(税別)。今後は基本協定や運営権設定などを経て2022年3月までに事業契約を結び、同4月から事業を始める。

情報元:建設通信新聞

△ページ先頭へ

▽2021.8.2

総務省/情報通信白書を公開/DX普及へ人材確保課題

総務省は2021年版の情報通信白書を7月30日に公表した。日本企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)に関する対応状況を紹介。事業拡大や新事業進出といったビジネスモデルの変革を伴うようなDXは広がっていないと指摘し、その要因に専門人材の不足を挙げている。

白書は武田良太総務相が同日の閣議に提出し、了承された。

白書では総務省が調査した企業のDX対応状況を紹介。日本では取り組んでいる割合が約13%にとどまるのに対し、米国は非製造業で約56%、製造業も約64%と半数を上回る。日本で進まない理由(複数回答)として「人材不足」が53.1%で最も多く、次いで「費用対効果が不明」が32.8%、「資金不足」が26.9%、「既存システムとの関係性」が25.8%と続いている。

情報元:建設工業新聞


コンセッション/建設各社参入の動き加速/長期的に利益確保

建設業各社による、自治体などのコンセッション(公共施設等運営権)参入の取り組みが加速している。宮城県による全国初となる水道コンセッションでは、メタウォーターを代表とする10社グループが7月、運営を担う特定目的会社(SPC)と維持管理会社を設立した。5月には前田建設ら8社が設立したSPCが愛知県と新体育館整備・運営等事業契約を締結。工事などの請負だけでなく、事業主体として参画することで長期的に利益を上げようとする動きが広がっている。

情報元:建設工業新聞

△ページ先頭へ

▽2021.7.16

水道コンセッションでメタウォーターら10社/SPCと維持管理会社を設立

宮城県が2022年度からコンセッション(公共施設等運営権)方式を導入する水道3事業(上水道、エ業用水道、下水道)で、県と基本協定を結ぶメタウォーターが代表の10社グループが、運営を担う特定目的会社(SPC)と維持管理会社を設立した。県は水道法に基づき水道施設運営権設定の許可を申請。厚生労働相の許可取得後、SPCと実施契約を結ぶ予定だ。

水道3事業の運営を民間に一括して任せる水関連の全国初のコンセッション。運営期間は22年4月から42年3月末までの20年間(最長25年間)。10社グループは、県が求めた197億円以上の事業費削減を上回る287億円のコスト削減を見込んでいる。

情報元:建設工業新聞

△ページ先頭へ

▽2021.7.13

文教施設への包括的民間委託/3月に手引き策定

文部科学省は、自治体文教施設分野での多様なPPP・PFIの導入促進に向け、民間企業の創意工夫による効率的な維持管理、運営を取り人れ、複数の施設を包括的に委託する『包括的民間委託などの導入に関する実務的な手引き(仮称)』を2022年3月に策定する。また、手引きの周知や事例の紹介など文教施設のPPP・PFIに関係するオンラインセミナーも、自治体や企業の担当者を対象に同3月末に開く。

手引きの作成に当たっては、PPP・PFI事業や会計・税務の専門家、文教施設の管理・運営の有識者で構成する協議会を設ける。包括的民間委託によって文教施設の維持管理を効率的に実施し、同委託業務によって安全性の向上に役立っている事例を30件程度集める。その上で、事業の特徴や自治体規模、地域に偏りがないよう手引きに載せる事例を選ぶ。

手引きは、包括的民間委託などを文教施設に導入する際のメリットとデメリット、必要事項や留意点などを検討し、契約、運用の各段階ごとに分かりやすく整理して実務に役立つように作成する。構成は、▽包括的民間委託導入の背景と基本的な考え方▽検討プロセス・手法選択の考え方など▽導入に当たっての手続きと留意点▽関係法令と各種支援制度――を想定している。

情報元:建設通信新聞


経産省/DX事業者 25社を認定/応用、竹中、大成ら

経済産業省が定める「DX(デジタルトランスフォーメーション)認定制度」に基づき、1日付で応用地質、竹中工務店、大成建設、九電工、沖電気工業など25社がDX認定事業者として認定を受けた。

DX認定制度は、情報処理促進法に基づき、経産省がDX推進に向け経営者に求められる内容をまとめた「デジタルガバナンス・コード」の基本的事項に対応する企業を国が認定する制度。具体的には、経営ビジョンの策定やDX戦略・体制の整備など、DX推進の準備が整っていることなどが認定要件となる。

認定は2020年12月から始まり、7月分も含め、累計で141社がDX認定事業者になっている。認定期間は認定日から2年間。

建設・不動産関係のDX認定事業者は、戸田建設、大和ハウス工業、清水建設、日立建機、大林組、小松製作所、三菱地所、ダイキン工業、LIXIL、三井不動産、ミライト・ホールディングスなど。

情報元:建設通信新聞


国交省と内閣府/官民対話セミナー/29日まで参加募集

国土交通省と内閣府は、サウンディング(官民対話)をテーマとした地方自治体職員向けのオンラインセミナーを8月6日に開く。先着順で定員は450人程度。参加費は無料。29日まで参加を受け付けている。

PPP/PFIの導入や公的不動産の利活用に向けて自治体が行うサウンディングの実施手法、留意点、最新動向、先行事例、民間事業者の視点などを情報提供する。

情報元:建設通信新聞

△ページ先頭へ

▽2021.7.12

総務省/推進手順書を策定/自治体のDX後押し

総務省は地方自治行政のデジタル化を加速するた「自治体DX(デジタルトランスフォーメーション)推進手順書」を策定した。全体方針の決定や組織体制の整備などDXの展開に必要な手順を4段階で明示。先行事例も紹介し、各自治体が地域の実情に応じて取り組めるようにした。自治体のDXを後押しすることで、デジタル社会の早期実現につなげたい考えだ。

情報元:建設工業新聞


富山市のスマートシティ推進ビジョン/15日まで参加表明

富山市は、富山市スマートシティ推進ビジョン策定支援業務の公募型プロポーザルを公告した。参加表明書は15日まで、提案書は8月18日まで受け付ける。31日に結果を通知する。

業務内容は、冨山市型のスマートシティー構築への基本方針となる「スマートシティ推進ビジョン」の策定支援。ビジョン完成は2022年度上期を予定している。

履行期間は2年3月31日まで。提案限度額は622万2000円(税込み)。

情報元:建設通信新聞

△ページ先頭へ

▽2021.7.9

ISO/スマートシティー国際規格を発行/日本企業の進出促進

国際標準化機構(ISO)は、スマートシティーに関する国際規格を発行した。日本が提案したもので、日本企業が対応しやすい枠組みになっている。国際規格の昔及により、都市インフラの開発・運用・保守プロセスが世界で共通化し、商慣習、開発慣行の違いによる影響が最小化すると期待され、日本企業は海外スマートシティー市場に進出しやすくなることが見込まれる。

経済産業省によると、スマートシティーやスマートコミュニティーインフラの海外開発案件で、日本企業は個々のインフラやコンポーネントで進出することが多い一方、大規模な欧米系企業は都市全体を開発することが多く、これまでは欧米系企業が有利になりやすい傾向があったという。

情報元:建設通信新聞


文科省有識者会議/学校整備に財政支援充実を/個別最適な学び実現

文部科学省は7日、新しい時代の学び実現に向けて、学校施設の在り方を検討する有識者会議を開き、7月中にもまとめる中間報告の案を示した。学校施設全体を学びの場とするキーコンセプトを掲げ、柔軟で創造的な学習空間や持続可能な教育環境の実現などを目指すべきとしている。国に対しては、学校施設整備に関する財政支援制度を充実に取り組み、必要な予算を確保するよう求めている。

学校施設整備の推進方策として、学校設置者と国が実施すべき取り組みを列挙。学校設置者には、長寿命化改修を通じた教育環境の向上と老朽化対策の一体的な推進、多様な整備手法の活用による施設整備と維持管理の着実な推進などを求めた。多様な整備手法として、PPP・PFI手法を含む民間活力の活用が必要としている。

情報元:建設通信新聞


アジア航測のまちづくりDX取り組み支援/プラトーで茅野市とアイデア交流

アジア航測は、国土交通省が主導する3次元都市モデル「pLATEAu(プラトー)」を活用して自治体が抱える行政課題の解決を探ろうというアイデア交流イベントを長野県茅野市と開いた。新中期経営計画に掲げるセンシングイノベーションが生活・インフラに融合した未来社会の構想「AASIDX」実現を目指した開発投資事業の一環として、6月29日にオンライン開催した。

今回のイベントは、同プロジェクトに先進的に取り組む茅野市の協力を得て、3D都市モデルの利活用促進を目的に実施したもので、今後も3D都市モデルの可能性を追求し、自治体での3D都市モデルの利活用促進やまちづくりDXの取り組みを支援していく考えだ。

情報元:建設通信新聞

△ページ先頭へ

▽2021.7.7

国交省の官民連携支援/関東甲信は5自治体/公園再生、空港運営権など

国土交通省は6日、先導的官民連携支援事業の2020年度調査結果を公表した。地方自治体に調査委託費を助成して案件形成を促すもので、全体24件のうち、関東甲信地域では5件が支援対象に選ばれていた。

茨城県鹿嶋市は、都市公園のバンドリングによる官民連携事業調査を実施した。

干葉県習志野市は、秋津公園とスポーツ施設の一体的再整備による収益向上などに向け、官民連携手法を検討した。

千葉県市原市は、都市公園を活用した老朽施設の集約化を検討。既に具体化に向けて動き出しており、JR八幡宿駅西口近くの6つの公共施設を集約した複合施設を八幡運動公園などの敷地に整備する。事業にはBTO(建設・譲渡・運営)方式のPFIなどを導入する。

長野県は、地方管理空港でのコンセッションの導入を検討した。

東京都府中市は、市全域で実施する道路等包括管理事業の効率化方策を検討。進捗状況を複数の事業者と市職員が、地図上でリアルタイムに共有できる支援システムを入れる。

情報元:建設通信新聞

△ページ先頭へ

▽2021.7.6

フジタ/広大、東広島市と包括連携協定/スマートシティを実現

フジタは、広島大学と広島県東広島市との包括的な連携推進に関する協定を締結した。2日、東広島市内の西条ホテルHAKUWAで調印式を開いた。協定締結を機に、Society5.0、スマートシティの実現や同大東広島キャンパスのスマート化・グリーン化を中心に、イノベーションを創出する環境の形成や学術研究面、人材育成面、さらには産学官連携面などでの国際的な展開を相互に連携しながら推進する。

広島大と東広島市は同日、ソフトバンクとカーポンニュートラルを始めとするSDGs(持続可能な開発目標)への貢献などを含めた包括協定を締結したほか、住友商事とも同様の協定を結んでおり、フジタを含めた5者でコンソーシアムを立ち上げることになっている。

情報元:●

△ページ先頭へ

▽2021.7.5

国交省/BIM導入検証モデル9件採択/中小事業者を支援

国土交通省は2021年度「BIMを活用した建築生産・維持管理プロセス円滑化モデル事業(中小事業者BIM試行型)」の採択案件として9件を選定した。

BIMの本格導入を見据えてメリットや課題を検証する中小建設会社などのグループを、補助金で支援する。導入に向けたロードマップの案も提示してもらう。

募集には24件の応募があった。

情報元:建設工業新聞

△ページ先頭へ

▽2021.7.2

福岡市PPPロングリスト/西部工場整備・博物館リニューアル/新規2事業を追加

福岡市は1日、PPPロングリスト(2021年7月版)を公表した。新規事業として「西部工場再整備」と「福岡市博物館リニューアル推進事業」の2事業を追加し、計10事業となった。

西部工場再整備では、老朽化が進む施設の再整備基本構想の策定に着手する。構想の具体化に向けて有識者らで構成する西部工場再整備検討委員会を設置し、2日に初会合を開く。

一方、福岡市博物館リニューアル推進事業では、老朽化した設備を全面的に更新し、文化遺産の保存継承を維持し、地域活性化や文化観光の拠点としての機能を強化する。合わせて運営への官民連携手法の導入を検討する。

情報元:建設通信新聞


千代田区・内幸町一丁目開発/データ連携基盤を実装/地下鉄2線と接続、アクセス強化

東京都千代田区の内幸町一丁目で計画が進む大型開発の都市計画素案が明らかになった。帝国ホテルの建て替えを始めとした迎賓機能などを更新する一方、隣接する日比谷公園や周辺の地下鉄千代田線・三田線駅などと接続することで、歩行者が利用しやすい開かれたまちをつくる。街区には、データ連携基盤(都市OS)を実装し、データやデジタル技術などを活用したビジネス交流の拠点を設ける。■

情報元:建設通信新聞

△ページ先頭へ

PFI事業クイックリンク
|| 2021年度案件 ||
957高エネ研中央特別高圧受変電設備更新・維持管理事業
956(仮称)岡崎市西部学校給食センター整備事業
955韮崎市新体育館及び市営総合運動場整備・運営事業
954神戸フィッシャリーナ施設運営等事業
953酒田港整備事業費東ふ頭交流施設改修・運営業務委託
952(仮称)千葉ニュータウン中央駅圏複合施設整備事業
951鈴鹿青少年センターと鈴鹿青少年の森の整備運営事業
950安岡地区複合施設整備事業
949 大浜公園再整備事業
948 (仮称)倉敷学校給食共同調理場・防災備蓄倉庫整備運営事業
947 名古屋国際会議場整備運営事業
946 鎌倉市営住宅集約化事業
945 学校給食室・保健室等空調設備整備事業
944 県営住宅麻機羽高団地建替整備事業
943 愛知県営清水住宅PFI方式整備等事業
942 愛知県営上和田住宅PFI方式整備事業(第2次)
941 (仮称)平塚市学校給食センター整備・運営事業
940 三浦市公共下水道(東部処理区)運営事業
|| 2020年度案件 ||
939 七福団地住宅環境整備事業(仮称)
938 中央合同庁舎第7号館維持管理・運営事業(第二期)(仮称)
937 (仮称)⼀宮市第1共同調理場整備運営事業
936 グラスハウス利活用事業
935 県営追浜第一団地建替事業
934 県営上溝団地建替事業
933 湯梨浜町松崎・長江地区町営住宅建替・新築事業
932 健康増進施設整備・運営事業
931 東大阪市営北蛇草住宅C棟建替事業
930 大阪府営豊中新千里北第2期住宅民活プロジェクト
929 米原市観光・レクリエーション関連2施設に係る公共施設等運営事業
928 (仮称)大月市駒橋地区市営住宅建替・定住促進住宅整備事業
927 (仮称)苫小牧市民ホール整備運営事業
926 東大阪市営旧上小阪東住宅建替事業
925 福岡市立西部地域小・中学校特別教室空調整備PFI事業
924 勝連城跡周辺整備事業
923 周南地区衛生施設組合新斎場整備運営事業
922 (仮称)読谷村総合情報センター及び周辺環境整備事業
921 名古屋第4地方合同庁舎整備等事業
920 山都町下市PFI住宅整備事業
919 鳥取市佐治町木合谷川水力発電事業
918 手柄山スポーツ施設整備運営事業
917 (仮称)新たなみさき公園整備運営等事業
916 福知山市営住宅つつじが丘団地ほか建替事業
915 福岡市立東部地域小・中学校特別教室空調整備PFI事業
914 PFI方式による「awaもくよんプロジェクト(徳島県新浜町団地県営住宅の建替等事業)」
913 所沢市学校給食センター再整備事業
912 広島県新動物愛護センター施設整備事業
911 福井市新学校給食センター整備運営事業
910 多摩メディカル・キャンパス整備等事業
909 環状3号線(杉田港南台地区)電線共同溝PFI事業
908 美里町新中学校整備等事業(仮称)
907 大山地域公共施設複合化事業
906 国道208号榎津電線共同溝PFI事業
905 宮崎市営住宅新町・追手団地PFI方式建替事業
904 府中市市民会館・中央図書館複合施設維持管理・運営等事業
903 町営久江住宅及び芹川住宅建替、並びに町営住宅維持管理・運営等事業
902 大島町公共浄化槽等整備推進事業
901 (仮称)伊賀市忍者体験施設整備事業
900 出雲市新体育館整備運営事業
899 国立市立学校給食センター整備運営事業
898 海上自衛隊呉史料館維持管理運営事業
897 嬉野市営浄化槽事業
896 国道4号富谷地区電線共同溝PFI事業
895 立川市新学校給食共同調理場整備運営事業
894 中央区複合庁舎整備事業
893 愛知県新体育館整備・運営等事業
892 総合水泳・水遊場整備事業
891 小松市営木曽町地域優良賃貸住宅整備事業
890 下関市新総合体育館整備事業
889 大沢野地域公共施設複合化事業
888 鳥取県西部総合事務所新棟・米子市役所糀町庁舎整備等事業
887 (仮称)田名部まちなか団地整備事業
886 県営住宅佐鳴湖団地建替整備事業
885 青森県駐車場維持管理・運営事業
884 木葉駅前PFI住宅整備事業
883 愛知県営鳴海住宅PFI方式整備事業(第2次)
882 愛知県営平針住宅PFI方式整備事業
881 大阪市工業用水道特定運営事業等
880 大阪市水道PFI管路更新事業等
879 上峰町中心市街地活性化事業
PFI事業クイック検索